No.12119 ALPについて

326 views
2018.08.30 K (匿名) 0 Comments

術後4年で、現在ホルモン治療中です。今までALPの値が200までで経過していたのが、急に250になりました。他の肝機能の値は全く正常値で、変動もなく経過しています。ALPは、肝機能以外に骨転移の時に上昇すると聞きました。急に上昇したので怖いです。ALPは骨転移においてどれぐらいの指標になるのでしょうか?

Changed status to publish
2018.08.30 久保内 0 コメント

ALPは肝・骨以外にも高値を示す場合があり、正常値より少し高いだけが1回あったからといって、即骨転移ではありません。余程心配ならALPのアイソザイムを採血検査すべきですが、どこか骨折したような骨の痛みが無い場合は、通常は経過観察で次のALP値が右肩上がりで増えているかどうかを見るべきでしょう。ALPの異常高値(一度だけの250がそれにあたるとは思えませんが)骨転移を疑うなら、骨シンチグラフィやPET+CT検査で確認することが必要です。主治医とご相談ください。(文責 久保内)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて