No.11859 今後の治療について(HPNo.11680-2)

70 views
2016.02.23 Y.I. 0 Comments

No.11680です。よろしくお願いします。昨年5月に腫瘍マーカーについて相談させていただきましたが、その後上がり続け、昨年10月にCEAが3.4、CA15-3が35になりました。治療方法がフエソロデックスとランマークに変わりました。今月で7回目の治療を受けました。数値は、CEAが4.9   CA15-3が34.9と、下がりそうな変化がありません。今、検査をしています。結果をみて治療方法を変えるかどうするか考えようといわれています。次は点滴になると聞いています。昨年9月に検査しました時は、仙骨の腫瘍が少し大きくなっていました。他に変化がなければ今の治療を続けてみようと思っていますが、効果について、どの時点で判断するのでしょうか。効果がある場合は、もっと短い期間に数値は下がるのでしょうか。次の治療はどんな薬がありますか。よろしくお願いします。70歳です。

Changed status to publish
2019.01.13 緒方 0 コメント

腫瘍マーカーの数値が、これ以上になったら変更というような絶対的なものはありません。CTなどの画像検査とマーカーの推移で判断します。また、痛みなどの自覚症状が出たり進んだりした際も、変更のタイミングです。数値が、下がらなくても上がっていかない場合は、継続して治療を受けていただくことが多いです。「効かなくなったら変更する」で良いんです。仙骨の腫瘍には、すでに放射線治療が行われているので、基本的に全身治療のなかでお薬を変更することになります。ホルモン治療のなかに、まだ使用していなく、効果が期待できるものとして、アロマシンとアフィニトールの組み合わせの治療があります。ランマークは引き続き使った方がよいと思います。(文責 緒方)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて