No.11809 抗癌剤の必要性

101 views
2015.12.09 FY 0 Comments

45才右乳癌全摘です。抗がん剤を勧められましたが、ご意見お聞きしたくメールしました。
腋窩リンパ節レベル1 ER【+】 PgR【+】 Her2 0+ エストロゲン90% プログエストロゲン90% ki67 80% 腫瘍は26×23×25㎜
抗がん剤に恐怖感があります。身体と心が持つのか不安があります。よろしくお願いいたします。

Changed status to publish
2019.01.19 斎藤 0 コメント

ご相談ありがとうございます。私のお返事でFYさんの不安が少しでも減ればうれしく思います。FYさんは今後の抗がん剤を行うべきかどうか大変不安をお持ちと拝読しました。ご相談内容からはリンパ節転移の有無や個数が不明なため正確なお返事ができかねます。 腋窩リンパ節転移が無い状態で抗がん剤をうけるべきかどうか迷っているのであれば、オンコタイプDxという検査で判断する方法があります。しかしこの検査は保険適応がないため、たいへん高額な検査です。リンパ節転移が多数あるのであれば、再発リスクが高い事から抗がん剤治療を検討すべきだと思います。ぜひご担当の先生と再度よくご相談なさって、後悔の無い術後治療を選択して頂きたいと願っています。(文責 斎藤)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて