No.12161 乳がん検診について

294 views
2019.02.18 匿名希望 (匿名) 0 Comments

先日初めて受診した乳がん検診の結果で要精密検査となりましたが、その内容について質問させていただきます。年齢30代後半、1児の母です。超音波検査による検診の結果、低エコー腫瘤(混合性疑い、嚢胞内に実質性病変)。とのことでした。再検査に驚き、私なりに調べてみたのですが、理解力不足もあり、質問させていただきます。

1) 混合性腫瘤とはどういったもので、大きさ、形などから良性、悪性等あるのでしょうか?

2) 今後の再検査の流れはどのような内容になるのでしょうか?

3) .再検査の結果は出ていない状況ですが、現時点で乳がんの可能性が高い、低いの判断はできるのでしょうか?

4) 子供の授乳期の乳腺炎跡と今回の超音波検査への影響等はあるものでしょうか?

素人の質問になり、大変申し訳ありませんが、ご回答お願い致します。

Changed status to publish
2019.02.18 石山 0 コメント
  1. 高濃度と低濃度の混合という意味です。
  2. マンモグラフィー検査、穿刺吸引細胞診、針生検、時に乳房MR検査でしょうか。
  3. まったくわかりません。
  4. 妊娠授乳期はいろいろな画像が出るので、その可能性もあります。(文責 石山)
Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて