No.12179 術後の治療について

655 views
2019.03.11 K.N. 0 Comments

79歳の母です、術後の結果、トリプルポジティブと言われましたが、抗がん剤治療は必要ですか? 主治医からは、副作用がきついのでやめるように言われましたが、これでよろしいのでしょうか? 15年前に原発性肝がんで手術しており、再発はしておりません。よろしくお願いします。

Changed status to publish
2019.03.11 久保内 0 コメント

浸潤癌の腫瘍径も、リンパ節転移の有無も、グレードもKi67値も伺っていないので、お答えするのに窮しますが、小生は79歳だからと言って抗がん剤の適応が無いとは言えないと思います。トリプルポジティブとのことですので、HER2陽性だと思いますが、一般的に言ってHER2陽性乳癌の周術期は、ハーセプチンを1年間使用した方が、使用しないより予後は確実に良好です。またハーセプチンは化学療法(通常言われている抗がん剤)と一緒に使用しないと、その効果は十分ではないと言われています。三段論法的に言えば、トリプルポジティブ乳癌を含むHER2陽性乳癌は、抗がん剤とハーセプチンを使いなさいと言うことになります。ここで言う抗がん剤とは、通常アンスラサイクリンとタキサンの標準治療を指しますが、高齢者にはその両方ともかなりの副作用があり、躊躇われるところです。ここで一つ頭をひねって見ましょう。ハーセプチンは、2種類の抗がん剤のうち、どちらかと言えばタキサンとの相性が良いと言われています。一つはタキサンだけ使用し、それも毎週投与するところを3週に1回とか2週に1回お休みを入れて(総投与量は変えずに)投与するのはどうでしょうか? 脱毛は阻止できませんが、パクリタキセルによる四肢末梢の痺れは少ないと思います。臨床試験では余り有効だったと言われていませんが、抗がん剤ではなくて内分泌療法とハーセプチンも、検討して良いかも知れません。また必ずしも使用しなかったといって全例が再発するわけではないので、上記記載したことを咀嚼した上で、内分泌治療だけとか術後治療を何もしないというのも選択肢の一つです。(文責 久保内)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて