No.12180 乳ガン手術後の薬物療法について

410 views
2019.03.11 匿名 0 Comments

49歳です。先月2月13日に乳房温存手術を致しました。腫瘍は2.1センチ、センチネルリンパ節生検6個切除、転移なしでした。切除したガンを病理に出した結果が、ハーセプチ、ホルモン剤、抗がん剤がきくガンでした。悪性度3  Ki67 44% リンパ管0123のうち② 脈管0123のうち①でした。先生は、今後、再発、転移の事を考えて、ハーセプチン、ホルモン剤、放射線と抗がん剤をした方が良いと思うと言われました。私は抗がん剤の副作用が嫌なので、抗がん剤は使いたくないのですが、先生には、「必ず抗がん剤をしないと駄目って訳ではないから、後は本人がするか?しないか?決めて来て下さい、」と言われました。先生は、リンパ管が0で、脈管も0なら、抗がん剤はすすめませんと言っていました。予防の為とはいえ、副作用で苦しんでも抗がん剤を使うべきでしょうか? とても悩んでおります。

Changed status to publish
2019.03.11 久保内 0 コメント

49歳StageⅡA(T2N0)のトリプルポジティブ乳癌の方ですが、一見予後が良さそうに見えて、グレード3でKi67=44%ですから、かなり増殖の速そうな、ちょっと悪そうな乳癌です。HPNo.12179の方に申し上げた通り、HER2陽性乳癌の周術期は、ハーセプチンを1年間使用した方が、しないより予後は確実に良好です。またハーセプチンは、化学療法(通常言われている抗がん剤)と一緒に使用しないとその効果は十分ではないと言われています。三段論法的に言えば、トリプルポジティブ乳癌を含むHER2陽性乳癌は、抗がん剤とハーセプチンを使いなさいと言うことになります。まだ49歳とお若いので、この病気を勝ち切るには3種の薬剤を十分使われた方が良いし、私が主治医でも、そのように提案すると思います。どんな副作用がどのようにあるのか、どんな抗がん剤を使用することを考えているのかを良く主治医の先生に聞いてみて、どうしても嫌なら「再発の危険性」を踏まえて抗がん剤を使用しないことも選択肢の一つです。(文責 久保内)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて