No.12216 トリプルネガティブの診断があり抗がん剤治療を勧められたのですが

694 views
2019.07.01 匿名 0 Comments

5/31に右乳房の全摘(乳頭近くだったので部分切除が困難なため)をしました。センチネルリンパ節生検でも転移はなく、手術前のPET-CTも行いましたが、ここでも転移は認められませんでした。

年齢67歳、ステージはⅠa、浸潤径は13mm、グレードは2、ホルモン受容体は無し、HER2は2+、Ki-67は3%です。主治医からは抗がん剤治療としてddac、dtx,ptxを予定しているとの説明がありました。

体力が持つかどうか不安でしたので、抗がん剤を受けなければどうなりますか?との質問をしましたところ、やってもやらなくてもリスクは10%あるかないかでしょうねとのことでした。できれば体調を考慮して、抗がん剤は拒否したいと思っていますが、無謀な考えでしょうか? 7/13に決断することになっていますが、非常に悩んでおります。アドバイスが出来るようであれば、よろしくお願い致します。

Changed status to publish
2019.07.02 鈴木 0 コメント

質問有り難うございます。トリプルネガティブ乳癌の術後で、化学療法を行うか否かの質問ですが、頑張って治療することをお勧めします。化学療法の副作用は、イメージしているより軽微なことが多く(個人差はありますが)、最後までやりきれると思います。確かに、腫瘍径が小さく、一概にddAC(dose-dense AC療法)を行うかは悩むところで、アンスラサイクリンによる心毒性を考慮して、TC療法も選択にあがります。ここから先は、患者さんの考え方(化学療法で辛い思いをするくらいなら、やらない方がまし、という考え方が多い)によりますので、最終的にはご本人で判断されてください。今は、完治を目指して治療すべきだと思いますので、しっかり治療されることをお勧めします。(文責 鈴木)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて