No.12253 Ki-67が高いのですが

250 views
2019.10.04 匿名 0 Comments

浸潤がんを2箇所部分切除しました。手術前の病理検査で、1箇所はルミナールAで、手術後も同様です。あと1箇所は、手術前は細胞検査だけしました。手術後の病理検査で、ホルモン反応性、グレード1 HER2+1、Ki-67 80%でした。 主治医は、グレード1でKi-67が80%はおかしいが、この結果だけで、抗がん剤治療はしなくて良いと言って、ホルモン療法と放射線治療をすることになりました。病理医に確認するとは言ってくれましたが、あまりにも数値が高いので不安です。Ki-67が30%くらいで抗がん剤治療をするということも聞きますが、80%という数値はあまり見ないので、あり得ることなのかということと、抗がん剤治療をしないで再発の可能性が高くならないのかということをご相談します。

Changed status to publish
2019.10.05 須田 0 コメント

全身療法として、ホルモン療法に化学療法を追加するかどうかの判断については、Ki-67の値が重要になります。主治医の先生が、病理医に確認すると約束してくれいているのですから、まず局所治療である放射線療法を行っている間に、はっきりすると思います。Ki-67の値がわかれば、全身療法の治療方針が決定できるので、あまり心配せず、手順通りに治療を進めていってください。時間は充分ありますので、不明な点、疑問点などがあれば、主治医の先生によくお話を伺ってください。納得のいく治療を受けることが大切だと思います。(文責 須田)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて