No.12276 転移の治療について

298 views
2019.11.02 A 0 Comments

2018年1月、16年半経って頸部リンパ節に遠隔転移、フェマーラでホルモン治療中です。2019年8月に胸骨転移の疑いがあると言われました。が、もともと胸骨に微細な転移があり、それがホルモン治療の効果で画像に現れているのではないか?とも考えられるらしく、次の治療に進むべきかどうか悩んでいます。痛みは全くありません。また、頸部リンパ節は特に変化がなく、PETでは影が薄くなってきているようです。胸骨の転移画像が治療効果によるものなのか、そうではないのか判断できない状況でホルモン剤を変更すべきなのかどうか? ご意見お聞かせください。

Changed status to publish
2019.11.02 徳田 0 コメント

2回目のPET検査で胸骨の病変が新病変としてはっきりしないのであれば、すくなくともフェマーラは、無効ではないと考えます。継続しつつ、できれば3か月後に再度評価してはいかがでしょうか。(文責 徳田)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて