No.12288 肋骨・肩甲骨の痛みと乳腺の関係性について

172 views
2019.11.18 くうこ 0 Comments

以前から、時折右胸付近の肋骨にツキンとする痛みを感じる時がありましたが、たまにある程度だったので特に気にしてはいませんでした(生理時は張る程度で、痛み等は滅多にありませんでした)。

先日ふと右胸下に触った時にしこりを発見し、それから乳腺外科に予約・受診するまでの期間に、恐らくは精神的なものが大きく関わっていると思うのですが、右胸と何も無かった左胸にまで痛みを感じ、更に肩甲骨や肋骨まで痛み始めました。クリニックに受診、エコー・マンモ・恐らく良性だろうが念のためとしこりの針生検を受けました。検査を終えた安心感と麻酔の効果もあり、針生検終了直後は痛みもなく過ごしていたのですが、翌日、針生検したところに違和感・痛みを感じ、『昨日の今日だから仕方ないか』と、その時はやり過ごす事に。しかし、翌朝目を覚ますと、右胸から肩甲骨につき抜けるような痛みを感じました。右腕が重苦しかったり、針生検したところの下の肋骨や右下側面の肋骨まで痛むときがあり、不安が増すばかりです。結果が出るまでは何とも言えませんが、この症状は単に針生検後の痛みなのでしょうか? 乳腺と肋骨・肩甲骨に関連性はあるのでしょうか? それとも精神的なもの、もしくは肩凝りなどの外科的な問題が余計な痛みを発しているだけでしょうか? 長々と申し訳ありません。

Changed status to publish
2019.11.18 石山 0 コメント

痛みと乳がんは関係ないと思いますが、針生検の合併症にしては痛みの範囲が広すぎるので、無関係ではないでしょうか。ただ乳癌の骨転移の可能性もないわけではないのですが、あまりにも痛みの部位が一定でなく、考えにくいと思います。(文責 石山)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて