No.12329 ホルモン療法と子宮体癌

397 views
2020.01.10 T.A. 0 Comments

乳癌全摘、ステージ1、しこり2.4センチ、浸潤1ミリ、ルミナールA、 Ki 67は1%。 手術後、無治療の場合は、再発率は過去の実績より、何%でしょうか? 子宮内膜増殖症になっていまして、ホルモン療法だと子宮体癌を増発可能性があるとの事、投薬も恐怖です。乳癌再発も子宮体癌になるのも恐怖で、どうしたら良いか、教えて頂きたく、お願いします。

Changed status to publish
2020.01.10 高橋 0 コメント

ご相談、どうもありがとうございます。乳がんの再発率の予想のツールはございますが、日本人における正確性に関しては限定的と考えられます。従いまして正確に数値化することは困難です。申し訳ございません。ルミナールAタイプであれば、ホルモン治療の効果が期待できる乳がんですので、しっかりとホルモン治療を行なうことが推奨されます。5年10年経過してから遅発性に再発することを予防することが大切なので、主治医の先生ともご相談して治療方針を決定なさってくださいませ。ホルモン療法による子宮内膜増殖症の悪化、および子宮体がんの発症の可能性を増す可能性については御指摘の通りですので、乳腺の先生と婦人科の先生とともに、状況を見極めながらホルモン治療の開始、継続をご判断いただいてくださいませ。応援しています。(文責 高橋)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて