No.12330 術後の治療について(HPNo.12326-2)

217 views
2020.01.10 みかん 0 Comments

先日はありがとうございました。多分ですが、母は20年前、壊死性潰瘍性口内炎で1週間ほど入院したことがあります。そのことを主治医に話したことがあり、一般的な初期治療の中で、パクリタキセル単独減量方法を選ばれたように思いますが、この考え方はあっていますか? それと、化学療法の結果、効果は、どのような方法で調べることができるのですか?

 

 

Changed status to publish
2020.01.10 高橋 0 コメント

ご相談、どうもありがとうございます。潰瘍性口内炎の既往に関しては、ひとつの判断材料になると思います。他にも様々な要因から、主治医の先生はパクリタキセルを選択されたと考えますので、主治医の先生にも良くお話をお聞きくださいませ。化学療法の効果は、定期的な検査により再発の有無を確認いたします。あきらかな転移が初めから認めない場合で、手術後の再発を予防するための術後補助療法の場合には、化学療法の効果を短期間で判断することは難しいです。再発のない未来のために、今治療をがんばることが大切です。応援しています。(文責 高橋)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて