No.12331 済んだ事ではありますが疑問が残っております

283 views
2020.01.17 匿名 0 Comments

済んだ事ではありますが、疑問が解決せずにおります。この様な質問はご迷惑かと存じますがよろしくお願いいたします。

2018年末に、左乳房の0期の非浸潤性乳管癌全摘手術後の事です(手術は出血も少なく無事終了)。入院中は血圧が高く、良く眠れない日々が続きました。入院中は医者も看護師の方々も余り取り合わず、退院日にもめまいがして訴えたのですが、帰宅したらかかりつけ医で血圧を診てもらう様にと言われ退院しました。帰宅後の体調は良くありませんでした。ところが、ちょうど術後9日目の夕方です。全摘して平らなはずの胸の中に出血が起き、どんどん膨らんできて、一時失神状態に陥りました。病院に連絡し、緊急手術で血腫と血液を取り除き、助かりました。輸血もしました。もう少し遅かったらどうなっていたのかと、恐ろしい思いでした。

私は入院中と退院時の体調の悪さ、めまいなどを訴えた時の状態は、異常の前兆なのではなかったかと思っております。質問しても、「前から起きていたのではなく、緊急手術の日、当日に起きた事で、細い血管からじわじわと出血した。非常に珍しい例」との事でした。何が原因なのでしょうか? 手術の仕方なのでしょうか? 私の体質はこの様な事が起きやすいのでしょうか? バイアスピリンなどの薬は飲んでいなかったです。血腫はその日に急にできるものなのでしょうか? 例えば、右乳房も手術をする必要が生じた場合、又同じ様な事態が起きたらと思うと、不安で仕方ありません。私の体質が原因ならば、又同じ事態が起きる可能性も十分にあると考えてしまいます。高齢(70歳)である事も無理があるのでしょうか?

Changed status to publish
2020.01.17 0 コメント

約1年前の乳がんの手術の際、術後9日目に出血し、再手術をされたとのことですね。乳がんの手術は術後に再出血を起こすことが比較的多く、そのほとんどは術後24時間以内ですが、時に2日目以降に出血することも経験します。乳房へは胸筋を貫いてたくさんの血管が入り込んでおり、これらは手術の際に切れてしまいますが、手術の際には止血されている血管が、術後の血圧上昇や物理的な刺激で再び出血すると、それが術後出血となります。これは決して体質とは関係なく、どの乳がんの術後でも一定の率で出血の可能性があると考えられます。緊急手術の前にどんどん胸が膨らんできているということなので、主治医の先生がおっしゃるとおり、出血はその膨らみ始めたときに始まったものと思われます。(文責 谷)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて