No.12356 トリプルネガティブ

536 views
2020.02.08 K 0 Comments

こんにちは、44才です。昨年12月にトリプルネガティブ乳癌と診断され、1月に乳腺切除手術を受けました。センチネルリンパ節転移なしで、術後病理診断で、浸潤径が5ミリ以下なので抗がん剤治療なしで、無治療です。術後病理診断で浸潤径が5ミリ以下ということだけで、それ以外の情報が全くなく、「詳しい浸潤径は何ミリでしたか?」と聞いても、それは分からないとの事でした。なんだかこれで本当に良いのか不安になってしまいましたが、安心して大丈夫なのでしょうか?

Changed status to publish
2020.02.08 石山 0 コメント

病理医の熱意もありますが、病理レポートに癌のStage分類のために大きさを記載するので、5mm以下という最も小さい分類にあたると分かれば、それで予後の予測も治療方針も決まるので、何mmかは重要ではないと思います。当院でも浸潤径で判断しますので、このような経過観察が一般的ですが、不安であればセカンドオピニオンを求めて他院に意見を聞きに行かれてもいいと思います。(文責 石山)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて