No.12392 乳がん検診の結果について

143 views
2020.03.21 A 0 Comments

34歳です。先日3度目の乳がん検診を受けました。1年に1度、マンモグラフィーとエコーを受けています。今回は仕事の都合で、いつもの時期に受けられそうもなかったので、前もって前回から1年たたず、半年くらい開けて受けています。今回は、過去2回とは別の乳腺クリニックで受けました。すると、過去2回は、「右異常なし、左カテゴリー2 石灰化」だったのに、今回は、「右に明らかに良性の石灰化と嚢胞あり、左異常なし」でした。過去2回と今回とで、左右の検査結果がまるで逆です。左の石灰化は少なくとも2年前からありましたが、今回それがなくなり、数ヶ月前にはなかった右に石灰化と嚢胞ができるということはありえるのですか? とにもかくにも、どちらにせよ、毎回、明らかな良性とのことなので、心配しなくてよいですよね? でも、今回の結果が、あまりにもこれまでと違ったので・・・。

Changed status to publish
2020.03.22 高橋 0 コメント

ご相談どうもありがとうございます。健診結果の違いに驚かれてしまいましたね。健康診断も毎年前回の結果と比較していった方がより確実なので、もし可能であれば健診施設を統一しておくほうが望ましいです。色々な事情がおありだと思いますので、理想的にはということです。いずれにしても、今回の健診結果で異常はないという内容ですので、今回の結果をふまえて、来年同じ施設で健診をお受けになってみてくださいね。応援しています。(文責 高橋)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて