No.12407 針生検について

224 views
2020.04.22 Y.Z. 0 Comments

先日、右胸にしこりを見つけて乳腺外来に行きました。エコーで2.5センチの腫瘍が確認され、針生検(大きな音が鳴るやつ)を受けて、現在検査結果待ちです。様子がエコーの画面で見えていたのですが、腫瘍に針が刺さっていないように見えたのです。生検は確定診断に用いられると、調べたら書いていたので、結果が正確にでるのか不安です。5回行われていたので、何回目かで採れたのかなとも思うのですが…。また、生検から3日後に、しこりの辺りが内出血で黄色っぽくなってきて痛むのですが、これは自然と治るのでしょうか。

Changed status to publish
2020.04.22 石川 0 コメント

大きな音が鳴る生検なので、吸引式乳房組織検査(VAB)が行われたと思います。これでは生検針を腫瘤に刺すのではなく、近くに位置させ、腫瘤の辺縁からその中心に向かって採取していくことが多いです。超音波画像を確認しながら,確実に腫瘤が採取できるまで行います。だから5回採取することになったのでしょう。しこりの辺りが内出血で黄色っぽくなってきたのは出血が吸収されてきた証拠で、痛みも同様に時間が経過するとともに自然と消失します。(文責 石川)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて