No.12443 転移の治療について(HPNo.12276)

264 views
2020.06.08 匿名 0 Comments

昨年11月にNo.12276で質問したものです。PETやCTでの胸骨転移のような画像ですが、少しずつ硬化が進んでいるようです。左胸骨の一部にしか硬化がみられないこともあり、治療効果とみましょうと言われていますが、不安です。治療効果と転移の見極め方はあるのでしょうか? 現在は頸部リンパ節に転移があるためフェマーラ、それに伴いプラリアで治療していて、そちらの方は、増悪はなく、そのほか胸骨以外にも転移はありません。胸骨に痛みなどもありません。もし胸骨が造骨型の転移であるとしたら、今後どのような症状が出てきますか? また、早めにランマークや放射線などの治療を始めた方がいいのでしょうか? 今は体調不良等なく過ごせていますので、できればこのままフェマーラを続けて、新たな薬はできるだけ先延ばしにしたいと思っています。心配がつきませんので、ご意見お聞かせください。

Changed status to publish
2020.06.08 髙橋 0 コメント

ご相談どうもありがとうございます。骨転移についてのご相談ですね。他の転移は落ち着いていて、胸骨転移に関して今後どのような症状が出てくるかのご不安ですね。フェマーラにより治療を継続していただき、今後もし胸の痛みが強くなるようであれば、ランマークや放射線治療を相談すれば大丈夫です。

痛みがまず一番先に出現する症状ですので、こまめな定期検査よりも症状を見ていくことが大事です。今はまず先生のおっしゃる通りの治療を継続なさってくださいね。応援しています。(文責 髙橋)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて