No.12455 マンモトーム生検時のマーカー留置について

149 views
2020.06.26 T 0 Comments

こんにちは。現在、乳がんの疑いでマンモトーム生検を受ける予定ですが、その際、人体には無害の金属製のマーカーを留置するということです。このマーカーは、病変が良性であった場合は体内に残るそうです。

質問1) 良性の場合にマーカーを摘出しないのはなぜですか? (技術的には可能でも、人体には無害ですし、医学的には不要な処置だからでしょうか?)

質問2) 良性の場合に、このマーカーを摘出することは可能ですか?

Changed status to publish
2020.06.27 徳田 0 コメント

1)はい、その通りです。悪性ほど大きくは切除しませんが、マーカーを確実に完全に除去するためには、それなりの切除が必要です。傷がケロイドになったり、乳房が変形する可能性もあります。無害なのに、そこまでされますか。

2)上述のように、もちろん可能です。悪性の場合には、目印のマーカーを中心にその周囲の悪性腫瘍組織を一塊に、確実に切除しなければなりません。逆に言うと、そのためにマーカーを留置しておくのです。(文責 徳田)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて