No.12457 今後の治療方針について

302 views
2020.07.04 匿名 0 Comments

2か月ほど前に乳房全摘出手術を行いました。

ER +90%、PgR +>90%、HER2 score1、Ki-67 10-20%

術後のセンチネルリンパ節の病理検査で、転移(3mm)が1つ見つかりました。当初、主治医は、オンコタイプDXで検査し、抗がん剤を使用するか否かを判断してはどうかとの説明でしたが、その後オンコタイプDXの検査は行わず、抗がん剤の治療(ドセタキセル+エンドキサン)4クールの後、ホルモン治療を推奨するとの治療方針変更となりました。以上の病理検査結果で、抗がん剤での治療が必要でしょうか。また、ホルモン剤だけでの治療と、5年後再発率にどれくらいの差がありますか。恐れ入りますが、ご回答をよろしくお願いいたします。

Changed status to publish
2020.07.04 石川 0 コメント

センチネルリンパ節に転移が見つかり、しかも転移巣の大きさが3mmだったので、抗がん剤での治療は必要と考えます。ホルモン剤だけでの治療だと、5年後の再発率では最大10%近くの差が予想されるのではないでしょうか。(文責 石川)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて