No.12458 非浸潤乳管癌、全摘 断端露出

315 views
2020.07.04 N.M. 0 Comments

先月、非浸潤性乳管癌で全摘手術し、組織診断の説明がありました。

大きさ86×55×25 リンパ節転移なし、構造パターン 充実>篩状  壊死 極めて少数の腺管に面疱型壊死存在  核異型グレード1>2、ER3b100%、pgr3b100%、HER2.1+、ki-68陽性率≦25  胸筋側剥離断端の3㎜で非浸潤癌が露出しています。

 主治医からは、ノルバデックスの服用と放射線治療と言われました。再手術はお勧め出来ないのでしょうか? 再発が心配です。  お忙しい所恐縮ですが、よろしくお願いします。

Changed status to publish
2020.07.04 石川 0 コメント

再手術はお勧めできません。実際の問題として、どこを追加切除すればいいのかわかりません。また、取り切れている可能性もあります。もし残っているとしても微小なので、放射線治療+ホルモン療法で十分対応できると考えられます。(文責 石川)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて