No.12480 しこり

313 views
2020.08.15 MM 0 Comments

右胸に2センチの縦長のよく動くしこりがあり、エコーとマンモグラフィーをうけました。石灰化もしこりの中にある事と、年齢も43歳で閉経し始めているという診断も婦人科であった事もあり(まだ生理はあります)、2年前の検診ではなかったのに、大きくなるスピードや年齢的な条件から細胞診をしました。結果は線維腺腫と言われ、半年後に経過をみるとの事でしたが、細胞をとる時に先生が全部がとれるわけではないからと言われていたのが気になって、大きいしこりなのに1箇所だけの細胞診なのも気になりました。エコー画像やマンモグラフィー画像では、先生は水だと思ったそうですが、細胞診でかたかったらしく、あれ?かたいと言われていました。ネットを見ていても5箇所採ったうちの1つにガン細胞が出たと書かれていたりしていたのも見たり、40歳で線維腺腫が大きくなるのは稀だと書かれているものが多く、甲状腺癌も9年前になっている事から不安です。大きさも気になるのですが、半年後の検診で大丈夫でしょうか?

Changed status to publish
2020.08.15 須田 0 コメント

腫瘤が小さいと、線維腺腫と葉状腫瘍は細胞診や針生検では区別がつかないことがあります。線維腺腫と診断された「2㎝のしこり」でも、経過を見ていて更に増大する場合は、葉状腫瘍を考え  再度病理学的検査をすることになります。線維腺腫がすべて良性であるのに対し、葉状腫瘍は、良性・境界病変・悪性があります。腫瘤の増大傾向がみられる場合は、不安を取り除くためにも躊躇することなく受診して下さい。(文責 須田)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて