No.12504 抗がん剤をやめたい

183 views
2020.09.15 もっこ 0 Comments

43歳女性です。5月に右乳房温存術を行いました。ステージII B、リンパ転移2個、ki 値30、HER2陰性のルミナールBタイプと診断されています。核グレード3です。現在、抗がん剤治療中で、EC4クールを無事に終えて、ドセタキセル1クール目を受けましたが、投薬後4日目から全身の痛みや手先の酷い痺れに悩まされ、日常生活をまともに送れません。子供もいるため、大変不自由な生活になってしまっています。ドセタキセルは、蓄積型と聞いており、初回でこの状態なら、今後どうなっていくのか、体がボロボロになりそうで、恐怖を感じています。また、手の指の痺れは、投薬終了後も続く場合があると聞き、それも怖いです。

ECを無事に終えて、ドセタキセルも追加した方が予後に向けていいのだろうということは理解していますが、あくまで統計上の話ですよね。ここで抗がん剤をストップして、放射線治療に切り替える事は、リスクが高いのでしょうか。かなりのQOLの低下を引き起こしてまで、続ける価値があるのか、疑問に思っています。取り留めのない文章で申し訳ありませんが、ご意見をお聞かせ頂けますと幸いです。

Changed status to publish
2020.09.15 徳田 0 コメント

一般的に初期の末梢神経障害は、1週間程度で軽快します。蓄積することもありますが、4回で終了するので、通常は、あまり支障はないようですし、終了すれば次第に回復します。

初回の症状で、もう耐えられない、中止したい、でも再発が心配で悩むのであれば、ドセタキセルの減量や、パクリタキセルの毎週投与で、少量繰り返す方法に変更し、それでも止めたいのであれば、無理はせず、抗がん剤はやめてホルモン療法に期待しましょう。(文責 徳田)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて