No.12540 乳がん再発、もしくは新たな癌

241 views
2020.10.16 川口 0 Comments

2014年に乳がんステージ1 で部分切除し、放射線治療をしました。毎年定期検診で異常なしでしたが、先日悪性腫瘍が同じ胸に見つかり、これからCT検査をします。再発か新たな癌かは、手術してみないとわからないと。悪性度が高いと言われたのですが、遠隔転移の可能性は高いでしょうか。ER4、PGRなしだそうです。検査結果ですべてわかると思いますが、不安でこちらに相談させていただきました。

Changed status to publish
2020.10.16 清水 0 コメント

質問は、2014年に左右どちらかの乳がん(ステージ1)で乳房温存療法をした後で、今年になって前回と同じ側の乳房内に乳がんが見つかったのだが、今回のがんは再発なのか、新しいがんのか?という質問と、悪性度の高い癌は遠隔転移の可能性は高いのか?という質問と理解しました。最初の質問ですが、一度乳がんの手術をした温存乳房にもう一度乳がんができた場合は、乳房内再発といいます。だからといって、前回のがんが残っていて再発したという意味ではありません。乳房内再発が、前回のがんの再発なのか、温存した乳房に新しくできた乳がんなのかは、正確にはわからないこと多いです。言い換えれば、どちらの可能性もあるということです。しかし、治療については、どちらであっても変わりありません。なので、新しくできたがんが、前のがんの再発であっても、新しくできたがんであったとしても、単純にもう一度同じ乳房にがんができたという意味で乳房内再発と表現します。もちろん、二つのがんを病理検査で比較して、前のがんの再発か、新しいがんかがかわかることもありますが、わからない場合も多いです。前にもお話ししたように、どちらであっても治療法は変わりません。二度目のがんの病理検査に基づいて今後の治療方針を決めます。何をもって悪性度が高いというのかは問題ですが、そのがんの悪性度が高ければ転移再発のリスクは高くなることは事実です。その場合は化学療法などを行なって、そのリスクを下げる治療を考えます。(文責 清水)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて