No.12559 乳房温存か全摘か?

284 views
2020.11.10 Y.S. 0 Comments

47歳、アメリカ在住です。9月にマンモグラフィー検査、陰性。その1週間後に自分でシコリを見つけ、超音波→細胞診→乳がん告知。MRI検査、リンパ節転移などの結果待ち。シコリ1.7センチ、ホルモン受容体 陽性、HER2 陰性。私の理解ではステージ1か2Aになるという事ですが、やはりステージ2Aだとしたら、全摘が良いのですか?私は、再発率が低くなるのであれば、ステージ1でも全摘でも覚悟しようと医師に伝えたら、「必要ないのに全摘して、合併症や回復リスクを上げる必要ないのでは?」と言われました。やはりそうですか?

ステージ1なら、手術中にオンコタイプDXを受け、治療法が決まるようですが、その時点では全摘に変更は不可能ですよね。手術が2回になるという事もあるのですか? 結果が再発率ハイリスクだったら、やはり全摘が良いのではと心配になっています。それに、温存+放射線治療は、コロナ感染のリスクが上がるのでは?

他に、乳がんは先に他の臓器が癌になっている可能性があるという話を聞いたのですが、それを調べるには、血液検査や、何か他の検査があるのですか? PET検査はそれに当たるのですか? もしそうなら、医師に希望出せば受けられるのですか?

異国で、通訳を入れて頂いてはいますが、まだ理解しきれず、少しでも自分の身体の事を理解したいと、こちらにたどり着きました。どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

Changed status to publish
2020.11.10 高橋 0 コメント

ご相談、どうもありがとうございます。色々なご不安でいっぱいですね。基本的には乳房温存か全摘かは、腫瘍の大きさや広がりによって判断いたします。再発には乳房内再発と全身への転移・再発がありますので、分けてお考えにならないといけません。乳房再建をきれいに望むのであれば、乳房全摘プラス乳房再建がよいと思います。少し変形が残ったとしても自然な乳房を維持したい場合には、乳房温存プラス残存乳房への放射線治療が良いと思います。全身への再発の予防は、抗がん剤やホルモン治療により術後継続していきます。乳房全摘したからと言っても、全身への再発が防げるわけではありません。全身への転移を早期発見する方法もまだ確立はされていません。今できることは、以上の点を良くご理解いただきながら、主治医の先生とご相談を継続なさってくださいませ。応援しています。(文責 高橋)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて