No.12646 化学治療

441 views
2021.04.23 匿名 0 Comments

浸潤性小葉がん ステージⅡb 腫瘍4.5㎝(散在)、リンパ節転移有(センチネル節1/3. 腋窩0/4) グレード2  ルミナールA ER陽性10%以上中等度 PgR陽性 10%以上高度HER2陰性 score0 Ki67 15% 

52歳、閉経前。右乳房全摘、リンパ節郭清、放射線治療中。放射線治療後、ホルモン治療の前に抗がん剤治療を追加するか迷っています。抗がん剤治療を追加でするべきでしょうか。 ホルモン治療のみで再発を防げるものでしょうか。

Changed status to publish
2021.04.23 0 コメント

ER陽性、PgR 陽性、Ki67=15%との結果だけから考慮するとルミナールAということになり、すなわちホルモン治療のみを推奨ということになりますが、リンパ節転移が1個存在したこと、ER,PgRともに強い陽性ではないこと、45mmと比較的大きな浸潤性小葉癌であったことなどより、私見では抗がん剤治療の追加をお奨めしたいと考えます。よろしくご検討ください。(文責 谷)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて