No.12720 術前抗がん剤を終え手術後の治療について

235 views
2021.08.28 匿名 0 Comments

37歳、トリプルネガティブで、ステージIIa、術前にAC療法3週を4クール、パクリタキセルは毎週を12回予定でしたが、シコリが大きくなり、10回で終え、全摘手術が早まりました。術後の結果は、腫瘍は10㎜×5㎜(術前約35㎜)、センチネルリンパ節生検転移なし、グレード3、ki67は病院の方針?で具体的な数値はなく、20%以上であるという結果でした。ki値は、20%未満、20%、それ以上の3つしか結果として話さないとのことです。
術前に腫瘍が残っていたので、ゼローダを服用することになり、放射線治療の必要ではないとのことでした。リンパに転移がなかったことと、癌は取り切れたことが、放射線治療をしなくて良い理由でした。トリプルネガティブで完全奏功もせず、ki値も高いので、全摘しても局所再発するのを心配しています。治療法は沢山あり、何が正しいという結論はないのを承知で、先生方なら放射線治療をどう判断されるかお伺いしたいです。

Changed status to publish
2021.08.28 高橋 0 コメント

ご相談、どうもありがとうございます。手術を頑張りましたね。乳房全摘後でリンパ節転移が無ければ、放射線治療はおこなう必要はありません。乳がんのガイドラインでも述べられておりますので、病院による違いはありません。ご心配をなさらずに、主治医の先生とご相談いただきながら治療を続けて行ってくださいね。応援しています。(文責 高橋)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて