No.12759 痛みと血性分泌物と進行

277 views
2021.12.04 匿名 0 Comments

お忙しいのにありがとうございます。現在30代後半です。5年ほど経過観察してもらってきた乳管内乳頭腫が、2年前の針生検では悪性は検出されませんでしたが、3ヶ月前の針生検では非浸潤性乳管がんを非常に疑うとの診断でした。ただ確定診断には至らず、プレパラート持ち込みで他病院を受診したところ、非浸潤性乳管がんと、2週間前に診断され、12月中旬に全摘予定です(こちらの病院でも2年前のプレパラートからは悪性は出なかったとのこと)。

先生曰く、おとなしくゆっくりタイプで、9割非浸潤がんだろうとのこと。5年前から血性分泌物がありましたが、このところ増えています。数ヶ月に1度下着に点と付く程度だったのが、このところほぼ毎日のように点々と数カ所付きます。また腫瘤のあたりや脇寄りのあたりがチクチクと痛みます(1日中ではありません)。浸潤、進行しているのではないかと心配で仕方ありません。分泌物の増加や痛みの増加は、浸潤、進行の症状にありますか? あと20日ほど待っていて大丈夫でしょうか?手術してみたら浸潤していた、転移していたという恐怖で押しつぶされそうです。

 

Changed status to publish
2021.12.04 石川 0 コメント

分泌物の増加や痛みの増加は、浸潤、進行に結びつきません。主治医の言われるように、経過から診て、浸潤し進行している可能性はまず極めて少なく、9割以上の確率で乳管内に限局した非浸潤がんだろうと私も思います。(文責 石川)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて