No.12784 頸部リンパ節の痛みと転移について

351 views
2022.02.28 匿名 0 Comments

46歳、2020/10に左側乳がんの温存手術を受け、術後化学療法(FEC×4→ドセタキセル×4)、放射線治療(2.66グレイ×16回)を経て、2021/6からホルモン治療(ノルバデックス)中です。少し前から左側首のリンパ節(鎖骨に指をそろえて右手の小指を当てて、ちょうど人差し指が触れるあたりです)が痛むのですが、乳がんの転移の可能性はあるのでしょうか? 断続的な痛みではなく、1日中じんじんと痛む感じです。筋肉痛かと思いましたが、これほど長い間痛むのは経験がありません。痛む部分の周囲に筋状の塊のようなものが触れていますが、これは手術前からあり、大きさは変わっていません。また、周囲に5mmほどのしこりが数個ありますが、これも手術前からあり、大きさに変化はありません。リンパ節転移はリンパ節の大きさが1cmを超えないと転移とみなさないという話を聞いたことがあり、また、転移していた場合はいつ見つけても予後は同じとも聞いたため、心配になっています。

がんは腫瘍径 2.4cm×1.9cm、浸潤径 2.3cm×1.8cmの充実型、センチネルリンパ節3個のうち1個に微小転移あり(郭清なし)、断端陰性および脈管侵襲なしです。サブタイプは、ER10%、Pgr-、HER2+1、ki67値は50%以上、グレード3で、分類上はルミナールBですが、ER値が閾値ギリギリのため、ほぼトリプルネガティブとみなしてよいとのことでした。ホルモン治療は、ER値が低いけど、やらないよりはやったほうが良いとのことで、化学療法が始まって3か月目に生理が止まり、1度も再開していませんが、閉経が確認できないため、閉経が確認できるまでノルバデックスを服用することになっています。よろしくお願いいたします。

Changed status to publish
2022.02.28 清水 0 コメント

がんの塊(原発であっても転移であっても)は触っても痛くないのが原則です。触って痛みがあっても、何も触れなければ心配ないと思いますが、主治医の先生によく診てもらって検査をしてもらうことが一番だと思います。(文責 清水)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて