No.12785 術後ホルモン治療の必要性について

451 views
2022.03.01 かわさき 0 Comments

乳がん温存手術+放射線治療を終え、ノルバデックス服用中です。主治医は、ホルモン治療は「必要」、別の医師の意見は、pT1aでほぼDCISのため「不要」と、治療方針が異なり、治療に迷いが生じています。もちろん副作用等を考えると服用したくありませんが、先生のご意見をお聞かせいただけると幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。以下が病理結果です。

Breast,right,wide excision,intermediate to high nuclear grade DCIS,
with foci of stromal invasion,consistent with invasive ductal carcinoma,scirrhors type,
pT1a,SLN(0/2),pNO(Sn),margin(+),Ly0,V0,g,histological grade-Ⅱ
ER(+),PgR(+),HER2/neu(-),MIBI-index(<15%),p53(overexpression-)

Changed status to publish
2022.02.28 清水 0 コメント

浸潤部の腫瘤径が書いてないのですが、pT1aということは5mm未満ということでしょう。それならば、このがんが転移再発する可能性はゼロではありませんが、極めて低いと思います。したがって、転移再発を防ぐためにTamoxifen(ノルバデックス)を内服する必要はないと思います。もし内服するとすれば、対側の乳がんの発症の可能性を低くすることが主な目的になります。しかし、子宮体癌のリスクが高くなること、更年期障害様の副作用があることも知られています。Tamoxifenを内服するメリットとデメリットを貴女がどう考えるかだと思います。(文責 清水)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて