No.12789 ホルモン治療とエクオールについて

303 views
2022.03.25 匿名 0 Comments

化学療法(FEC→ドセタキセル)から、放射線治療、ホルモン療法(ノルバデックス)を受けています。ホルモン治療を開始するときに、ドセタキセル開始時からの関節痛がひどく(特に膝)、予防的に2021年6月からエクオールを服用しはじめました。商品名は大塚製薬の「エクエル」です。エクオールについては、理論上、乳がんホルモン治療中の人も服用できるとのことですが、否定的な意見もあり、服用を続けるか迷っています。もともと、ホルモン陽性値が低いため(ルミナールB型、ERのみ10%)、ホルモン治療の作用が減弱するのであれば服用しないほうが良いのかと思いますが、エクオールとホルモン治療については、明確なエビデンスがないようで、かなり悩んでいます。エクオールを服用して、ホットフラッシュは軽減されましたが、関節痛は改善されていません。今後もエクオールを服用し続けるべきでしょうか? あるいは漢方等、ほかの方法をとるべきでしょうか? 医師に勧められたのではなく、自主的に飲み始めました(報告はしています)。

Changed status to publish
2022.03.26 0 コメント

エクオールは乳酸菌で大豆イソフラボンを発酵させてできたサプリメントとのことです。乳がん治療に悪影響を及ぼす証拠はないと考えますが、関節痛の改善を期待して服用したけれども改善がみられていないのであれば続けるメリットは少ないと考えますので、やめることが無難であると私は考えます。主治医の先生ともよくご相談ください。(文責 谷)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて