No.12797  漢方 紅参

142 views
2022.04.23 M 0 Comments

8年前に罹患し、6年ホルモン治療をしました。今は無治療です。現在は52歳。ホルモン治療開始し即、不眠になり、現在もなかなか良い睡眠が取れません。年齢的に更年期だからだと理解していますが、何とかしたいと思い、漢方薬を考えています。漢方はすごく難しく、女性ホルモンに影響がある商品もあるようです。紅参とか冬虫夏草は、ホルモン治療者は控えた方がいいのでしょうか。

Changed status to publish
2022.04.23 久保内 0 コメント

内分泌治療で更年期障害は良く起こることですが、多くある症状はホットフラッシュやイライラで、睡眠障害のみというのは余り聞いたことがありません。更年期障害の治療法では、女性ホルモンの補充療法・精神安定剤の投与・漢方薬が挙げられますが、乳癌術後の患者さんには女性ホルモンの補充療法が禁忌なので、後2者の治療法が選ばれます。通常当帰芍薬散・桂枝茯苓散・加味逍遙散等が使われることが多く、紅参・冬虫夏草等は一般薬ですので女性ホルモン用作用は無いと思いますが、更年期症状に著効するとは思えません。ご質問の真髄は不眠症に有ろうかと思います。ホットフラッシュやイライラを伴わない場合は、単なる睡眠障害と考えられます。睡眠障害にも、寝付きの悪い入眠障害と中途覚醒の熟眠障害があり、使う薬が異なると考えます。更年期症状なら婦人科でしょうが、睡眠障害だけなら心療内科・精神科になります。不眠の症状を更年期と決めつけないで、相応しい診療科を受診することが肝要と考えます。(文責 久保内)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて