No.12799 乳がん抗がん剤の選択肢について

172 views
2022.04.24 O 0 Comments

お世話になります。どうぞよろしくお願い致します。只今、TC療法2クール目のホルモン陽性、ハーツー陰性、全摘患者です。硬癌浸潤8ミリ、乳管内進展合計5cm、グレード2で、オンコタイプ再発率32%でした。TC療法は、術後3ヶ月以内に10日ほど間に合う形で始まりましたが、ゴタゴタの為、オンコタイプの結果は分からない状態で始めました。オンコタイプの結果、ホルモン療法のみの再発率20%、抗がん剤上乗せ15%以上という事を前回の診察で知り、TC療法だけでなく、もう一剤、TC療法の後に追加の抗がん剤治療をして貰いたいと考えています。年齢は57歳ですが、まだ子供が学生、親の介護等で、どうしても再発出来ないと思っています。乳がんの抗がん剤の選択肢はとても難しいと聞きましたが、

①この場合の一般論で良いので、どのような薬があるのか

②またもし、強い薬を選ぶとしたら、どの様な薬剤でしょうか? 

③オンコタイプの抗がん剤、ホルモン療法、両方やったときの生存率は、20✕15%(以上)+80=83%でよろしいでしょうか?

以上、宜しくお願い致します。

Changed status to publish
2022.04.25 久保内 0 コメント

術後3ヶ月でオンコタイプDxの結果が出ないうちに化学療法が始まり、その化療がTCだったことを少々考えました。主治医はLuminal typeで浸潤径が8mmと小さいので化学療法は不要と思っていて、貴女は「乳癌術後の治療は何でもやりたい派」だったのではないでしょうか? オンコタイプDxの健保収載が決まったのが昨年の12月でしたが、実際にはこの4月までは出来ない状態だったので、判断がつかなかったのかも知れませんね。

通常術後の化学療法は、ECまたはACを4コース後にTのみを4コースが標準治療(ベストと考えられている治療のことです)です。①②に関しての答えは、あとは行うとすればAnthracyclineのみを4コースになるでしょう。ただし小生は、腫瘍径が小さいのでTCだけでも良いように思います。

③オンコタイプDxの臨床情報は、ホルモン受容体の状況とリンパ節転移個数だけのはずですので、腫瘍径によって異なってくると思います。貴女の場合、浸潤径8mmですから、化学療法の上乗せ効果はそれ程大きくはないと考えられます。「どうしても再発するわけには行かない」と言われて、どんな化学療法を上乗せしても、一定の方には再発しますし、化学療法をせず内分泌治療だけの方でも非常に多くの方が再発無しに生きることが出来るはずです。(文責 久保内)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて