No.12835   Ki67について

423 views
2022.07.09 Y.M. 0 Comments

6月21日に左胸部分切除をしました。病理検査の結果、大きさ0.9㎝、リンパ節転移なし、核異型 G2 、 ER 陽性 8、 PgR 陽性 5、Her2  陰性、病期診断 T1b  n0  M0、病期1 、術後補助療法 ホルモン治療5年、放射線16回 となりました。Ki67は、実施せずとなっていましたが、大丈夫なのでしょうか? の数値は、増殖率を表すものと聞いておりますが、調べなくてもいいのでしょうか? よろしくお願いいたします。

 

Changed status to publish
2022.07.09 鈴木 0 コメント

質問有り難うございます。一般的に、乳腺の病理診断をしっかりとやって頂く施設であれば、通常の診断でki67も検討されるはずですので、主治医に問い合わせてみてはいかがでしょうか? その結果も併せて参考にしつつ、化学療法の適応を考えるわけですが、今回のケースでは、腫瘍も小さく、リンパ節転移なし、ホルモン感受性ありなので、Ki67も低いのではないでしょうか。とすれば、化学療法は不要と考えますので、あえてKi67を参考にしなくても良さそうですが、ご自身の病理結果ですので、主治医に確認し、知っておいても良いと思います。(文責 鈴木)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて