No.12986   「HPNo.12841」 抗がん剤後の高リスク者の経口薬を拝見して

743 views
2023.09.18 N 0 Comments

「No.12841 抗がん剤後の高リスク者の経口薬」の相談文を拝見しました。この回答後、ts-1も保険適用になったようですが、それを踏まえての上記のご回答を再度聞かせていただけたらと思います。私は初発乳がんステージ2bで、抗がん剤、放射線治療も終わり、もうすぐベージニオの服用が始まる予定なのですが、自分もts-1の対象なのか、どちらが効果があるのかを知りたいです。ベージニオは2年服用予定なのですが、ts-1はインターネットでは1年服用とよく書かれていましたが、1年までしか服用できないのでしょうか? よろしくお願い致します。

Changed status to publish
2023.09.18 0 コメント

ステージⅡbの初発乳がんで抗がん剤療法、放射線療法を終え今後ベージニオを2年間服用予定とのことですね。おっしゃる通り2022年11月にティーエスワンの術後補助療法も適応承認されており、貴女の場合にもその適格基準は満たすといえます。ティーエスワンの追加は「POTENT試験」という臨床試験で1年間投与した際のエビデンスしかありませんので、現時点では1年間服用というのが原則となります。ベージニオかティーエスワンかどちらがより再発予防効果が強いかのデータがありませんが、主治医の先生がベージニオを選択されているということは、貴女の病状がティーエスワン「POTENT試験」よりもベージニオ「monarchE試験」の適格症例により近く、ベージニオの方がより効果的と判断されたからではないでしょうか?  一度この点も主治医の先生と話し合われたらよいと考えます。(文責 谷)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて