No.12598 しこりと嚢胞の違い

688 views
2021.01.25 S 0 Comments

乳腺症です。前回の1年前よりしこりが大きくなっていたので、針生検をしました。先日針生検を受けた時に、針を刺した時だと思うのですが、何やら液か汁が出たとか、先生がおっしゃっていました。乳房の中なのか、胸の表面に出てきたのかはわかりませんが、2回ほどバチンバチンとした後に、麻酔の時の注射でその液を採取しようとしていたような、でも生検でちゃんととれているからいいか、という話をしていて、やめていました。

ネットを見ると、嚢胞なら超音波ですぐにわかるとありましたが、そうなのでしょうか。針を刺して液が出てきたなら、しこりではなく嚢胞というものなのでしょうか。検査結果がわかるまで、まだ日にちがあり、怖くて不安になってしまいます。

 

Changed status to publish
2021.01.25 須田 0 コメント

超音波ガイドラインでは、しこり(腫瘤)は、嚢胞性腫瘤、充実性腫瘤、混合性腫瘤に分類されます。これらのうち検査中に液状のものが出てくることがあるのは、嚢胞性腫瘤と混合性腫瘤では、嚢胞内癌、嚢胞内乳頭種など、充実性腫瘤では粘液癌などが考えられます。乳腺症という事ですが、どの疾患であるかは検査結果をみて判断することになります。検査結果について、主治医の先生から充分な説明を受け、今後の治療方針についてご相談ください。(文責 須田)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて