No.12599 外科的手術による組織診は必要ですか?

571 views
2021.02.01 M.A. 0 Comments

よろしくお願いいたします。12月初めに、乳癌検診でマンモグラフィーとエコー検査を行いました。エコー検査は問題なかったのですが、マンモグラフィーで砂を撒いたような石灰化がチラホラと見られました。不安でしたので、細胞診を行いましたが、結果判別ができずとの事で、今度は針生検を行いました。2週間後に、結果を聞きに行ったのですが、またもや良性とも悪性とも言えず判別がつかないと言われ、今度は外科的手術で、石灰化が少し多めにある部分を500円玉くらいの大きさで丸く摘出して検査をすると言われました。この手術で胸の形が変形する事はないとの事でしたが、癌と判明していないのに、そんなに摘出するのかと、かなり不安です。この手術が原因で、今後何か変異がおきないかも心配です。またネットなどでは、体への負担から生検は何度もやるべきではないとよくみかけますが、外科的手術までしての検査は必要でしょうか?

 

 

 

Changed status to publish
2021.02.01 高橋 0 コメント

ご相談どうもありがとうございます。悩んでしまいますね。どのような検査結果に対して外科生検を行うべきかと言えば、限りなく悪性の可能性が高い場合だと考えます。マンモグラフィーでかなりの確率で悪性、すなわち乳がんが疑われるのに、細胞診でも針生検でもがん細胞が確認できない。そのような場合に、外科生検を行うことがあります。実際には、外科生検を行わなくても、針生検より針の太い、マンモトームを行うことで、確定診断はつけられることがほとんどです。いきなりの外科生検ではなく、マンモトームを行ってくださる病院をご紹介いただいて、紹介状を作成していただくのが良い選択肢かもしれません。主治医の先生とも良くご相談いただき、ご判断くださいませ。応援しています。(文責 高橋)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて