No.12690 カテゴリー3の石灰化

191 views
2021.06.30 のんの 0 Comments

先日マンモグラフィーを受けた際に石灰化が見つかり、3ヶ月後に再度マンモグラフィーを受ける事になりました。毎年1回、同じ病院でマンモとエコーを受けています。今回見つかった石灰化は、2年前と比べて増えているとの事。2年前も昨年も、石灰化の指摘はありませんでしたが、過去の画像を見直したら、2年前からあるようです。カテゴリー3の石灰化が乳がんである確率は、それ程高くは無いようですが、石灰化が増えてきた場合は要注意との認識ですが、この様なケースでは、乳がんの確率は少し上がるのでしょうか? 石灰化が数年で増えてきた場合に、だいたい何割程度に乳がんが見つかるか教えて下さい。エコーでは、特に異常はなく、何も映りませんでした。よろしくお願い致します。

 

Changed status to publish
2021.06.30 0 コメント

カテゴリー3に分類される石灰化にも多くの種類があり、またその程度によってもそれぞれ異なるため、ケースによって乳がんである確率は大きく異なります。ただ一般に経時的に石灰化が増加したり、石灰化の濃度が上昇したりするケースは、悪性である可能性が高くなる兆候とは言えると思います。(文責 谷)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて