No.13036 脈管侵襲V1 TS-1について

279 views
2024.02.13 K.S 0 Comments

48歳。浸潤 9ミリ リンパ節転移なし ホルモン陽性 HER2陰性 組織学的グレード2 脈管侵襲V1 ki-67 2% ルミナールA 全摘後タモキシフェン服用です。 脈管侵襲 V1 でエスワンの再発高リスクの適応に当てはまる、 大げさな治療にはなるがエスワンの服用をプラスできるといった話しをされました。追加治療は必要なのか悩みます。見解をお聞かせいただきたいです。よろしくお願いします。

Changed status to publish
2024.02.13 清水 0 コメント

最近は、脈管侵襲は非常に高度にみられる時以外はあまり予後因子として考慮されなくなってきました。腫瘤径9mmでリンパ節転移のないLuminal Aであれば、私は内分泌療法で十分だと思います。(文責 清水)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて