No.13063 HER2陽性なら手術先行か、薬物療法先行か?

272 views
2024.04.27 H.H. 0 Comments

52才、湿潤性乳ガン硬性型 腫瘍9ミリ グレード3、ER陽性70% PgR 陽性60% 、ER2 2+ FISH未定、Ki-67 30% リンパ節転移 無し、乳腺外科医師の意見が分かれています。かかりつけ乳腺外科開業医は、「FISH 陽性ならHER2 陽性と考え薬物療法先行」、治療担当病院医師は、「FISH の結果に関わらず、腫瘍が1センチ以下なので手術先行」とのお考えです。CT MRI 骨シンチは、これから検査予定です。手術と薬物療法、どちらを先行すべきでしょうか? 大学附属病院等にセカンドオピニオンを取るべきなのでしょうか? 4月5日に組織診しています。FISH 検査出るまで、後10日前後かかるそうです。時間がたつのに、診療方針が分からず不安です。よろしくお願い申し上げます。

 

 

Changed status to publish
2024.04.27 0 コメント

HER2陽性の浸潤性乳管癌で臨床的に腫瘤径が1cm以下の場合、術前に薬物療法を行うかどうかとのご質問ですね。結論から申し上げますと、どちらも正解であると私は考えます。一般にHER2陽性乳がんでは、補助療法として抗HER2療法+抗がん剤療法を行うことで再発率を低下させることができます。また補助療法は、術後に行っても、術前に行っても、その再発予防効果は同等とされております。そのため、術前に薬物療法先行で治療開始することは標準治療と言えます。ただ、し病理学的に浸潤部が5mm以下、あるいは10mm以下といった腫瘤径の小さな病変に関しては、補助療法自体不要ではないかといった意見もあり、様々な試験も行われています。また今回の腫瘤径は、あくまで超音波やMRIなど画像からの数値であり、上記で述べている病理学的な腫瘤径とは異なる可能性があります。ただ病理学的に腫瘤径が10mm以下であっても、薬物療法(抗HER2療法)を行うべきか否かにも、まだ専門医によって意見の分かれるところでもありますので、冒頭で申し上げました通り、薬物療法先行か手術先行かは、どちらも正解であると考えます。ただ私ならばまず手術先行として、術後の病理結果を診たうえで薬物療法を追加するか否かを相談したいと、個人的には考えます。(文責 谷)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて