No.13070 温存手術後ひと月半経過、乳房内出血あり、放射線治療問題ないか?

321 views
2024.05.24 R.I. 0 Comments

浸潤癌9×7mm、リンパ転移なし、核グレード1、ki67.35%、ホルモン反応性、HER2陰性 ホルモン内服治療中、放射線治療開始予定ですが、4日前から乳房全体に内出血しており、やや痛みあり。心配になったので受診しましたが、皮膚の内出血なので大丈夫と言われました。エコーでは10ccほど水が溜まっているとのこと。心配ないと言われましたが、このまま放射線治療を始めて大丈夫なのでしょうか、本日放射線治療計画で受診しましたが、「乳腺外科の先生が大丈夫というなら大丈夫です、」と言われ、1週間後から治療開始予定です。この内出血はどんな原因で起こるのでしょうか。

Changed status to publish
2024.05.24 石川 0 コメント

膿瘍の形成など無く、感染性のものでなくて、ただの皮膚の内出血ならば、あまり心配することはありません。術後のリンパ液貯留に、打撲などの外傷が加わった可能性もありうると考えます。まだ出血やリンパ液貯留が続いているならば、放射線を照射すると、その手術部位が壊死したりして、創も穢くなったり、変形する可能性はあると考えます。(文責 石川)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて