No.13071 手術前の組織診断と手術後の病理診断の腫瘍径の違い

238 views
2024.05.31 H 0 Comments

教えていただきたくメールさせていただきました。60歳。自覚症状無しですが、毎年の検診のエコーで見つかりました。組織診断7mmの広がりで、手術の出来る病院へ転院し、部分摘出の手術が終わりました。病理診断が、腫瘍径2x3mmと出ました。組織診断と病理診断で、これだけの大きさの違いが出るのでしょうか? 転院後のMRI画像でも7mm無いけど、との事でした。細胞診、組織診断としているうちに小さくなる事があるのでしょうか? 悪性度1 リンパ転移無 断端陰性 her2陽性の化学療法する場合の判断基準になるのは、どの数値なのでしょうか? よろしくお願いいたします。

Changed status to publish
2024.06.01 清水 0 コメント

回答する前に一つ質問があります。最初の組織診断は切除生検(局所麻酔をして皮膚を切開して病変部を取り出す生検)ですか、針生検(マンモトームなどの針を使った生検)ですか? (文責 清水)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて