No.13083 サブタイプの検査結果について

222 views
2024.06.19 T.K. 0 Comments

5月1日に針生検をし、5月15日に浸潤性乳管癌と告知されました。そこからサブタイプを調べるために追加の検査をしているところですが、1ヶ月経過しても結果が届いていないそうです。2週間ほどで結果が出ると言われていたのですが、予想以上に時間がかかっており、理由は聞きましたが分かりません。ちなみにハーツーが中間型のために更に追加の検査を提出している訳ではありません。サブタイプの結果に、こんなに時間がかかることはあるのでしょうか? また、どのような場合に時間がかかるのでしょうか?

Changed status to publish
2024.06.19 須田 0 コメント

サブタイプは、①エストロゲン受容体・プロゲステロン受容体 ②HER2受容体 ③増殖能を表すKi67値、それぞれの結果により、その組み合わせで分類されます。これらの検査は病理検査の1部です。針生検をされているとの事ですので、検体が十分であるかどうかを含め、① ② ③のどれの結果が出ていないのかを、病理の先生に主治医が問い合わせることになります。主治医の先生とうまくコミュニケーションがとれているのであれば、「問い合わせ」をお願いするのも一つの方法かもしれません。(文責 須田)

Changed status to publish
Question and answer is powered by AnsPress.io
  • 会員の紹介
  • 乳がんについて